スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデラ切削手順

めっちゃ久しぶりのブログ更新。ようやく某原型も納品し、若干余裕が出てきたし、
モデラでの切削手順も自分の中で固定化されてきたので記事にまとめてみます。
使用しているのはMDX-15。

まず、自分の中では結局レジンの両面切削を行うのが基本となっています。
最初はワックスで複製型を彫ったりしようかとも思っていましたが、
パーツのモデリングができても型用のデータ作成が困難だったりとか
色々と問題があり最終的には両面切削に落ち着きました。
手順は以下の通り
1.表面の面出し~仕上げまでを2㎜スクエアエンドミルで。
2.ドリルで穴あけして反転。
3.裏面の面出し~仕上げまでを2㎜スクエアエンドミルで。
4.裏面の仕上げをR0.25ボール、1㎜スクエア、R0.25ボール、R0.3ボールなどで適宜。
5.反転。
6.表面の仕上げをR0.25ボール、1㎜スクエア、R0.25ボール、R0.3ボールなどで適宜。
って感じです。
注意点は
1と3の手順で使うエンドミルは有効長の全長が刃になっているものを使う。
そうしないと垂直面の仕上げ工程でミルが折れる可能性が高いです。
1の手順ではある程度掃除を。そうしないと削りカスが詰まって
材料が外れ、最悪ミルが折れます。
って感じでしょうか。
仕上げの際は今はR0.5ボール+R0.3ボールを使うことが多いです。
パスは基本的にX走査線で。
表面の2㎜スクエアでの仕上げが終わった時点で反転させるのは両面切削の場合
どうしても最初の面の切削の際に垂直面ができてしまい、その面を細いミルが仕上げパスを
通るときに折れやすいからです。

以下は具体例です。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Syujyu

Author:Syujyu
ガレージキットディーラー「D-Place」
で活動中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
カレンダー
09 | 2013/03 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。